太陽光発電の悪徳業者について

訪問販売による被害が増えている


日増しに導入世帯が増えている太陽光発電ですが、それと合わせて増えているのが悪徳業者による被害です。現在、太陽光発電システムの販売業者は全国に相当数あると言われています。全ての業者が悪徳業者であるわけではありませんが、その割合は極めて高いと言われています。悪徳業者による被害を防ぐためには、その手口や具体歴な事例について、よく知っておく必要があります。

太陽光発電の導入のきっかけはほとんどが訪問販売


現在、太陽光発電を導入している家庭のほとんどは、導入のキッカケが訪問販売業者からだと言われています。太陽光発電が爆発的に広がり始めたのは、おおよそ2009年、2010年頃からですが、その当時は悪徳業者による被害はあまりありませんでした。しかし、多くの業者が太陽光発電システム販売事業に参入したことで、機器を売るために手段を選ばない業者が増え始めたのです。もちろん、現在でもまっとうに営業をしている訪問販売業者もいますが、やはり訪問販売業者からの導入には注意が必要です。

よく比較検討することが大切


悪徳業者に騙された方のほとんどは、一社からの見積もりだけで導入を決めています。自宅に訪れた営業マンが好青年であれば、尚更その会社から導入をしたという気持ちもわかりますが、一社からしか見積もりを取り寄せないんは、リスクが非常に高いと言えます。数社から見積もりを取って、比較して決めますと伝えているなら、業者も高い見積もりを出せませんので、不当に高い金額で無理やり導入させられることはありません。システム機器の性能や補償内容についてもしっかりと比較検討をする必要がありますが、何といっても一番重要なのは価格です。太陽光発電の価格については、複数社から見積もりを取り寄せてみないと、相場とがよくわかりません。太陽光発電を導入する場合は、数社をよく比較してじっくりと検討しましょう。